コンテンツにスキップする

米最高裁、国境の壁建設に国防費の転用を承認-トランプ氏「大勝利」

  • 政権の計画を差し止めた下級審の判決覆す、判事の見解は割れる
  • 「壁問題で大勝利」とトランプ大統領がツイート

米連邦最高裁は26日、国防総省の予算を転用してメキシコとの国境の壁を建設するトランプ政権の計画を承認する判断を下した。

  この計画は国家非常事態宣言に基づいて国防総省の予算から25億ドル(約2700億円)を利用し、100マイル(約160キロメートル)余りの壁を建設するもので、連邦高裁は今月初め、同計画を差し止めた地裁の判断を支持する判決を言い渡した。政権側はこれを不服として上訴していた。

  最高裁は、差し止めを求めた市民団らには訴える法的権利がないとする政権の主張を認めた。ただ、9人の判事の判断は5対4で、3人が反対、1人が部分反対の意見だった。市民団体は今後も闘争を続けていく意向を表明した。

  トランプ大統領は最高裁判決を受けて「国境の壁で大勝利だ。米最高裁は下級審の判決を覆し、南部国境の壁建設の推進を認めた。国境警備と法の支配にとって大きな勝利だ」とツイッターに投稿した。

原題:Supreme Court Clears Trump to Build 100 Miles of Border Fencing(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE