コンテンツにスキップする

【NY外為】ドル指数続伸、週間ベースの上昇率は2月以来最大

26日のニューヨーク外国為替市場ではドル指数が続伸。週間ベースでは2月以来で最大の上昇となった。トランプ米大統領は他国の為替操作をなおも懸念しているが、ドル安誘導は検討していないとの政府高官発言を受けて、ドル上昇に弾みがついた。一方、ポンドは対ドルで2年ぶり安値。

  • ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.2%上昇
    • 6月18日以来の高値を付ける場面もあった。週間ベースでは0.8%上昇と、2月以来の大幅高
    • ドルは今週、主要10通貨の全てに対し上昇
    • 自国・地域の通貨を安い方向に誘導している諸外国についてトランプ大統領は懸念しているが、「だからといってドルを引き下げるという話にはならない」と、ホワイトハウスのクドロー国家経済会議(NEC)委員長がCNBCに話した
    • 関係者によれば、トランプ大統領は今週ホワイトハウスで開かれた通商関連の会議で、為替介入の可能性を当面は却下した
    • ドルは朝方、4-6月(第2四半期)米実質GDP速報値が予想を上回ったことを受けて上昇。GDPは前期比年率2.1%増加(市場予想は1.8%増)
  • ニューヨーク時間午後4時13分現在、ユーロはドルに対して0.2%安の1ユーロ=1.1126ドル
    • ユーロは今週0.9%下落
  • ポンドはドルに対し0.6%安の1ポンド=1.2388ドル
    • 一時は1.2376ドルと、2017年4月以来の安値を付けた
    • ジョンソン英首相は欧州連合(EU)離脱を巡り、バックストップ条項を撤回することが唯一の解決策だと、ドイツのメルケル首相に伝えた
  • ドルは対円では0.1%高の1ドル=108円70銭
    • 週間ベースでは0.9%高と、3月以来最大の上昇
    • 日銀内には、政策金利のフォワードガイダンス(指針)を強化する効果について懐疑的な意見があることが、複数の関係者への取材で明らかになった

欧州時間の取引

  米GDP統計発表を控えて、ドル指数は週間ベースで堅調な展開。来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)や米雇用統計などを待つ展開で、主要10通貨の大半はレンジ取引にとどまった。

原題:Dollar Heads for Top Weekly Gain Since February: Inside G-10(抜粋)
Dollar Heads for Weekly Gain Before U.S. GDP Data: Inside G-10

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE