コンテンツにスキップする

米政府が160億ドルの支援、農家は歓迎も貿易戦争の終結求める

  • 長期的な解決必要、応急処置でしかない-全米小麦生産者協会
  • 支給は来月から、1人当たり50万ドルが上限

米政府は農業支援を目的に連邦補助金として160億ドル(約1兆7387億円)を拠出する。農家は補助金を歓迎しているが、何より望んでいるのはトランプ政権による貿易戦争の終結だ。

  米農業連合会(AFBF)ジッピー・デュバル会長は「米国の農家が最終的に望むのは援助ではなく貿易だ」と述べ、「農業市場の回復、そして世界各国の貿易相手国と相互に有益な関係を取り戻すことが極めて重要だ」と述べた。

Soybean prices remain low as China snubs U.S. crops

  中国からの報復関税は綿花や豚肉、大豆に至るまであらゆる需要に打撃を与え、農業収入は落ち込んでいる。トランプ大統領にとって、地方の支持基盤の不満を緩和させることが2020年の大統領戦に向けて非常に重要となる。

American farmers are wrestling with tighter pockets

  全米小麦生産者協会(NAWG)の代表者ベン・ショルツ氏は「長期的な解決策が必要なのにこれは応急処置だ」と述べた上で、生産者は中国が「不公平な貿易慣行」の責任を負うことを理解しているが、「農家が損害を被るような貿易戦争は解決策にはならない」と指摘した。

  補助金の支給開始は来月から。1人当たり50万ドルを上限に支給される。

Big supplies have kept prices lower for years

原題:U.S. Farmers Press to End Trade War as $16 Billion Aid Unveiled(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE