コンテンツにスキップする

債券市場の予防的な米利下げ見通し、甘過ぎる恐れ-BMO

  • 緩和サイクルはトレーダーの予想より深くなる可能性-ヒル氏
  • リセッションなしでも最大1.25ポイントの利下げあり得る

米経済の成長を維持するために連邦準備制度が来年の早い時期までに0.75ポイントの保険的な利下げを行うとの見通しにトレーダーは傾いているが、そのような見方は1990年代の経験に基づくものであり、もはや現状に合っていない可能性があるとBMOキャピタル・マーケッツのストラテジスト、ジョン・ヒル氏が指摘した。

  ヒル氏はインタビューで「誰もが前例のあるシナリオを探しているが、現実にはニューノーマルの状況にある」と述べ、 「今回は事情が異なる。政策担当者がリセッション(景気後退)を回避できるシナリオでも、1ポイントか1.25ポイントの利下げを考えるべきかもしれない」と語った。

  同氏とベン・ジェフリー氏は25日のリポートで、7月31日の連邦公開市場委員会(FOMC)の決定から始まると予想される緩和サイクルでは、0.25ポイントの利下げが計3回あるとの見方を市場参加者から聞いていると説明。しかし今回の局面は、リセッションがない状況で利下げした米金融当局の以前の取り組みとは異なる様相になりつつあるとBMOのストラテジストらは分析した。

  インフレ連動国債(TIPS)に反映される米国のインフレ期待が、米金融当局の目標である2%をなお下回り続けていることも、違いの一つだ。市場に織り込まれた利下げ幅ではインフレ押し上げに不十分とのトレーダーの見方をうかがわせる。また、米政策金利は現在2.25-2.50%であり、過去に緩和サイクルが始まった1995年の6%や98年の5.5%に比べてはるかに低いという明白な違いもある。

  このため現状では、効果を生むには、以前の保険的な利下げよりも大幅な緩和が必要になりそうだというのがBMOの見解だ。

原題:Bond Market’s Preemptive Fed Rate-Cut Outlook May Be Too Shallow(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE