コンテンツにスキップする

英中銀の次期総裁、ライオンズ氏が有力か-ジョンソン氏の元経済顧問

  • ジョンソン氏のロンドン市長時代に首席経済顧問を務めた
  • ライオンズ氏の見解は中銀の現在のスタンスと著しく異なる

イングランド銀行(英中央銀行)の次期総裁候補として、英ブックメーカー(賭け屋)が最近有力視するある人物は、英中銀で現在とかなり異なる考え方を台頭させることになるかもしれない。

  ブックメーカーのベットウェイによれば、ボリス・ジョンソン氏が新たな英首相に指名されたことで、同氏のロンドン市長時代に首席経済顧問を務めたジェラード・ライオンズ氏が、英中銀次期総裁の最有力候補に今週躍り出た。同氏は欧州連合(EU)離脱推進派のエコノミストとして知られる。ジョンソン首相は自分の意見に近い政治家を閣僚に登用しており、英中銀総裁ポストでもそれが繰り返される可能性があるとブックメーカーの客は考えているのかもしれない。

Key Speakers Attend The Ambrosetti Forum

ジェラード・ライオンズ氏

写真家:Simon Dawson / Bloomberg

  ライオンズ氏(58)の見解は、EU離脱や規制、英中銀の責務についてさえ、同中銀の現在のスタンスと著しく異なる。カーニー総裁の後任指名は、10月31日のEU離脱期限に先立ち、ジョンソン首相とジャビド新財務相が行う最も重要な経済政策決定の一つになる。

  英財務省の元当局者で、現在はシュローダー・インベストメント・マネジメントのエコノミストを務めるアザド・ザンギャナ氏(ロンドン在勤)はライオンズ氏について、「『合意なき離脱』かどうかにかかわらず、EU離脱の可能性により強気の見解を持つだろう。金融政策の経験がほとんどないことを考えると、(起用は)かなり議論を呼ぶことになろう」と指摘した。

原題:Gerard Lyons as Carney’s Successor Could Mean a Different BOE(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE