コンテンツにスキップする

マテルの4-6月、2年ぶり増収-経費削減やバービー販売好調

  • 1株損失は25セント、市場予想より小幅の赤字-時間外で株価上昇
  • 今年の6.5億ドルの経費削減計画は既に達成-さらに節減見込む

25日の米株式市場で米玩具メーカーのマテルの株価が上昇。同社は2年ぶりの増収を発表し、イノン・クライツ最高経営責任者(CEO)の主力ブランドてこ入れ策が効果を発揮していることが示唆された。

  • 4-6月(第2四半期)売上高は前年同期比2.3%増の8億6010万ドル(約930億円)で、アナリスト予想を上回った。ただ黒字は回復しておらず、調整後1株損失は25セントだったが、アナリスト予想(40セント)よりは小幅な赤字にとどまった
  • マテルは引き続き「黒字転換を果たし、中・短期的に売上高の伸びを回復する軌道にある」とクライツCEOは説明
  • 北米の売上高は2.5%増。2桁の伸び率を示した「バービー」が寄与
  • ただ、今後の課題もある。バービーは店頭での競争激化に直面、通常は底堅い「ホットウィール」も米市場で低調だった
  • CEOは2019年に6億5000万ドルの経費を削減する計画が既に達成されたとし、現在はランレートで7億5400万ドルに目標を引き上げ
  • 株価は25日の時間外取引で一時5%上昇
  • 決算詳細

原題:Mattel Rises as Cost Cuts Ahead of Schedule, Barbie Drives Sales(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE