コンテンツにスキップする

バークシャーのBofA持ち株比率が10%超える-自社株買いで

  • 9億5000万株保有-直近の13F報告書の記載から増加
  • 持ち分が10%超えると規制当局の監視が強まることも
バークシャーを率いるウォーレン・バフェット氏

バークシャーを率いるウォーレン・バフェット氏

Photographer: Houston Cofield/Bloomberg
バークシャーを率いるウォーレン・バフェット氏
Photographer: Houston Cofield/Bloomberg

バンク・オブ・アメリカ(BofA)の自社株買いに伴い、米保険・投資会社バークシャー・ハサウェイのBofA持ち株比率は10%を超えた。

  バークシャーの25日の届け出によると、同社が保有するBofA株は9億5000万株で、持ち株比率は10%強となった。保有株数は直近の13F報告書に記載されていた約8億9600万株から増えた。

  バークシャーを率いるウォーレン・バフェット氏は、多くの投資先について持ち分を10%未満に維持することを目指していると述べていた。10%を超えると、規制当局の監視が強まることもある。バークシャーは2016年に米銀ウェルズ・ファーゴの株式保有比率が10%を超えた際、米連邦準備制度理事会(FRB)に株式保有拡大の承認を得るため審査を申請した。

原題:Berkshire’s BofA Stake Climbs Past 10% Amid Bank’s Buybacks (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE