コンテンツにスキップする

米国務長官、テヘラン訪問に前向き-イラン国民に外交政策説明も

  • ポンペオ国務長官、ブルームバーグTVとインタビュー
  • 「イランの人々に真実を話すチャンスが欲しい」-ポンペオ長官

トランプ政権がイラン核合意の再交渉に向け同国に最大限の圧力をかける中、ポンペオ米国務長官は25日、テヘランを訪問して米国の外交政策についてイラン国民に演説することもいとわないと述べた。

  ポンペオ長官はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「確かに、その必要性があれば、喜んで訪問する」と述べ、 「プロパガンダを行うのではなく、現地に行ってイランの指導者が何をし、それが同国をどう害したのかについて、国民に真実を話すチャンスが欲しい」と語った。

インタビューに応じるポンペオ米国務長官

原題:Pompeo Says He Would Go to Tehran to Take Message to Iranians(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE