コンテンツにスキップする
Photographer: Alex Kraus/Bloomberg

ECBの金利階層化は最善策か、かなりの数の当局者は懐疑的

  • 代替策にはTLTROの条件変更が含まれる-当局者
  • 政策当局者らは9月に景気刺激策を発表することで見解一致
The stars of the European Union (EU) sit on banners as they fly alongside a banner commemorating the 20th anniversary of the euro currency outside the European Central Bank (ECB) headquarters following a rates decision news conference with ECB President Mario Draghi in Frankfurt, Germany, on Thursday, July 25, 2019. The ECB sent its strongest signal yet that monetary support for the euro-area economy will be stepped up after the summer break, with lower interest rates and renewed asset purchases on the table.
Photographer: Alex Kraus/Bloomberg

欧州中央銀行(ECB)のかなりの数の政策当局者は、金利階層化システムが銀行に対するマイナス金利の影響を緩和する最善策だと確信できていない。事情に詳しい複数のユーロ圏当局者が明らかにした。

  ドラギECB総裁は25日の政策委員会でこうした措置を追加利下げに結び付けて支持する姿勢を示唆した一方、当局者の一部は慎重な姿勢を示した。部外秘情報だとして当局者は匿名を条件に話した。

European Central Bank President Mario Draghi Announces Rates Decision

ドラギECB総裁(7月25日)

Mario Draghi

  こうした懐疑的な当局者は、銀行への圧力を緩和するような方法で、最新の条件付き長期リファイナンスオペ(TLTRO)の条件を変更するなどの代替策を挙げたという。ドラギ総裁は政策委後の記者会見で、2層のシステムを巡る一部当局者の懸念を認めた。

  製造業の不振でユーロ圏経済により幅広く影響が及びかねない現状で、政策当局者は景気支援策を検討する包括的な権限をECBのスタッフに与えた。一部投資家はECBが今週、刺激策を発表すると予測していたが、ドラギ総裁は進め方に「微妙な違い」があると述べた。

関連記事

  当局者によれば、9月の次回政策委で追加刺激策を発表することで見解の一致があったが、検討中の措置全てを単一パッケージで実施することには意見の集約はなかった。資産購入プログラム再開の有効性について疑問を投げ掛ける当局者がいたほか、新しいプログラムに社債を含めることには反対だと主張する声も多少あったという。

  ECBの報道官は政策委の審議についてコメントを控えた。

原題:ECB Has Significant Cohort Who Doubt Tiering Is Best Solution(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE