コンテンツにスキップする

スターバックス、米中で売り上げ好調ー通期見通しを上方修正

  • 通期の調整後1株利益見通しは2.80ー2.82ドル-従来2.75ー2.79ドル
  • 4-6月既存店売上高は6%増、2016年以来の高い伸び-株価上昇
A Starbucks Corp. Location Ahead Of Earnings Figures
Photographer: Adam Glanzman/Bloomberg/Bloomberg
A Starbucks Corp. Location Ahead Of Earnings Figures
Photographer: Adam Glanzman/Bloomberg/Bloomberg

米スターバックスの4-6月(第3四半期)売上高は3年ぶりの高い伸びを示した。特に主要市場の米国と中国で、値上げや順調な客足が追い風となった。同社は通期の調整後1株利益見通しを2.80ー2.82ドルと、これまでの2.75ー2.79ドルから引き上げた。これを受けて株価は上昇した。

  • 4-6月の既存店売上高は予想を上回った。世界の既存店売上高は6%増と、2016年以来の高い伸び。コンセンサス・メトリクス集計の予想(4.2%増)も大きく上回った。
Starbucks's same-store sales pick up speed

インサイト

  • 予想を上回る業績はケビン・ジョンソン最高経営責任者(CEO)の戦略が奏功していることを示している。同CEOが進める事業てこ入れ策はロイヤルティープログラムの拡充や店内の労働および運営の改善など
  • 今夏の米気温上昇で、冷たい飲み物に再び照準を定める同社の方針が時宜を得たものだったことが証明された。同社の3つの地理的セグメント全てで「飲料イノベーション」が売上高を押し上げたと同社は説明

市場の反応

  • スターバックスの株価は25日の時間外取引で一時6.3%上昇
  • 決算詳細

原題:Starbucks Boosts Full-Year Outlook as Sales Soar in China, U.S.(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE