コンテンツにスキップする
Photographer: Melissa Lyttle/Bloomberg

アマゾン、7-9月営業利益見通しは予想下回る-多額の支出が重し

  • 4-6月期の1株利益は5.22ドルで、やはりアナリスト予想に届かず
  • 4-6月営業費用は21%増ー売上高を上回るペースで膨らむ
Packages wrapped in plastic are seen before shipment at the Amazon.com Inc. fulfillment center in Baltimore, Maryland, U.S., on Tuesday, April 30, 2019. Amazon.com will spend $800 million in the current quarter to reduce delivery times for top customers to one day from two, trying to revive its main e-commerce franchise and ward off greater competition.
Photographer: Melissa Lyttle/Bloomberg

アマゾン・ドット・コムの7-9月(第3四半期)営業利益見通しはアナリスト予想を下回った。競争激化に見舞われる中、配送期間短縮に向けて多額の支出サイクルに戻りつつあるとの懸念が投資家の間で強まった。

  25日の発表資料によれば、4-6月(第2四半期)の1株利益は5.22ドルで、これもブルームバーグが集計したアナリスト予想平均(5.56ドル)に届かなかった。売上高は20%増の634億ドル(約6兆8900億円)。アナリスト予想平均は625億ドルだった。

  同社が示した7-9月期の営業利益見通しは21億ー31億ドルで、アナリスト予想の43億4000万ドルを下回った。これは、プライム会員向けセール「プライムデー」や継続的な売上高の伸びから得られる資金を投資に回すというジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)の姿勢を示すものだ。

  アマゾンはプライム会員向けに翌日配送を導入するため4-6月期に8億ドルを投じると表明し、配送期間で米ウォルマートなどへの優位を維持しようとしている。4-6月期の営業費用は21%増の603億ドルと、売上高を上回るペースで膨らんだ。配送コストは36%増の81億3000万ドルに達した。

  米株式市場でアマゾンの株価は通常取引後の時間外取引で一時約2%下落した。

原題:Amazon Big Spending Dents Profit, Trims Forecast(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE