コンテンツにスキップする

【NY外為】ユーロが乱高下、ECB総裁の発言に振られる

更新日時

25日のニューヨーク外国為替市場ではユーロがドルに対し荒い値動き。ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁の強弱まちまちなコメントを消化する展開だった。総裁は「今日、悲観的になるのは難しい」とする一方、ユーロ圏は「長期にわたり」刺激策が必要だとの見方も示した。

  • ニューヨーク時間午後5時2分現在、ユーロはドルに対して0.1%高の1ユーロ=1.1147ドル
    • 2017年5月以来の安値となる1.1102ドルをつけた後、上昇に転じて一時は1.1188ドルに
    • ドラギ総裁はユーロ圏がリセッションに陥るリスクは低いとコメント。景気てこ入れのため直ちに緩和策を導入するとの一部の期待は裏切ったものの、大規模な追加金融緩和がなお必要だとの見方は強調
    • 複数のECB政策委員が9月利下げを確実視していると伝わった後、ユーロは上げ幅を縮小
      Euro fluctuates as traders weigh outlook after ECB meeting
  • ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.2%上昇
    • ドルは主要10通貨の大半に対して上昇
    • この日の米指標は、6月の耐久財受注が予想を上回り、先週の週間失業保険申請件数は前週比で減少
  • ドルは対円で0.4%高の1ドル=108円63銭
    • 米国債利回りの上昇を背景に、遅い時間に108円75銭で日中高値付ける
  • ポンドはドルに対し0.2%安の1ポンド=1.2458ドル。一時は0.3%高となっていた
    • ジョンソン英首相は欧州連合(EU)離脱協定のバックストップ条項の撤回を要求したが、EUは直ちにこれを拒否した

欧州時間の取引

  ユーロが約2カ月ぶりの安値近辺にとどまった。ドイツIfo経済研究所の独企業期待指数が7月は92.2と、2009年以来の低水準だったことが重し。米10年債利回りが横ばい推移する中、ドル指数はほぼ変わらず。

原題:Euro Whipsawed as Traders Weigh ECB Policy Outlook: Inside G-10(抜粋)
Euro Hurt by Poor German Data Before ECB Decision: Inside G-10

(相場を更新し、情報を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE