コンテンツにスキップする

ビル・ミラー氏ファンド、46%の好成績-アマゾンやビットコイン奏功

A Bitcoin ATM in Hong Kong
Photographer: S3studio/Getty Images AsiaPac
A Bitcoin ATM in Hong Kong
Photographer: S3studio/Getty Images AsiaPac

株式投資家として著名なビル・ミラー氏が、ヘッジファンド事業でも腕を振るっている。3年前に立ち上げたファンドの上半期のリターンが46%だったことが、ブルームバーグが閲覧した投資家向け資料で明らかになった。

Morningstar Investment Conference

ビル・ミラー氏

  ミラー氏(69)を成功に導いたのは、株価が大幅下落し、本質的な価値に対し割安な水準で取引されている銘柄を選ぶという戦略。これは30年余り在籍した米資産運用会社レッグ・メイソンで用いていたものと同じだ。

  同ファンドの上位保有銘柄はアマゾン・ドット・コムやADTなどだ。アマゾンは今年に入り2桁の株価上昇を遂げたが、それでも過小評価されていると見る向きがある。ホームセキュリティーシステムを手掛けるADTは、利益見通しが予想を下回ったことを受けて3月に株価が急落した。

  資料によると、仮想通貨ビットコインや化粧品製造・販売のエイボン・プロダクツに対する強気の賭けも奏功した。ミラー氏が長年信奉してきたビットコインは、6月に日中ベースで1万3000ドルの大台を突破した。エイボンは5月、ブラジルの同業ナチュラ・コスメティコスへの身売りに合意。エイボン株の6月30日までの投資リターンは155%と際立っている。

  ミラー氏はファンド運用成績や具体的な投資対象に関するコメントを控えた。同ファンドの運用資産額は1億2600万ドル。ミラー氏は同社全体で23億ドル相当の運用を統括している。

原題:Bill Miller’s Hedge Fund Surges 46% Riding Amazon, Bitcoin Wave(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE