コンテンツにスキップする

3M株急伸、4-6月は予想より小幅な減益-ヘルスケア事業が好調

日用品・工業品メーカー、米3Mの4-6月(第2四半期)決算は利益が減少したものの、市場予想ほど大幅な減益にはならなかった。

  3Mは調整後ベースの利益見通しを維持し、4-6月の利益は低水準に設定されていたウォール街予想を上回った。これを受けて、同社の株価は上昇。3Mは25日の発表文で、自動車と電子機器の市場では厳しい状況が続いているが、ヘルスケア事業は同社にとってまれな明るい分野だと説明した。ヘルスケアの売上高は5.8%増。

  1-3月(第1四半期)の決算発表では主要事業すべてで利益が減少したことを背景に、通期予想を引き下げ、2000人の人員削減を明らかにしていた。

  25日の米株式市場で、3Mは一時4.6%高。年初からは7月24日までの時点で5.8%下落している。

  4-6月の調整後利益は1株当たり2.20ドルと、前年同期比28%減。ただ、ブルームバーグがまとめたアナリスト予想平均の2.05ドルは上回った。純売上高は81億7000万ドル(約8900億円)。市場予想は80億4000万ドルだった。

  通期の調整後利益は1株当たり9.25ー9.75ドルになるとの見通しを示し、従来予想を維持した。ベネズエラの子会社を連結から外すことに関連した28セントの費用を含むベースの予想は引き下げた。

原題:3M Surges as So-So Results Offer Relief From Recent Struggles(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE