コンテンツにスキップする

錦州銀のドル建てAT1債、値下がり-中国当局が流動性問題で協議

  • 監査法人の安永華明とアーンスト&ヤングは5月に辞任
  • 1997年に設立された錦州銀は2015年12月に香港に上場

監査法人が辞任した中国の地方銀行、錦州銀行のドル建て「その他ティア1債」(AT1債)の価格が大きく値下がりしている。

  中国人民銀行(中央銀行)と中国銀行保険監督管理委員会(銀保監会)は錦州銀の本拠である遼寧省で同行の流動性問題を話し合うため複数の金融機関との会合を最近開いたと、ロイター通信が情報源を示さず24日に報じていた。

  錦州銀は「現在の事業運営は全体的に正常」だとするコメントを25日発表。流動性の状況には触れず、「取締役会と一部の主要株主が最近、幾つかの金融機関と協議した。これらの金融機関は戦略的投資家になることを望み、その能力もある」と説明、協議は「スムーズに進んでいる」と付け加えた。ブルームバーグは錦州銀と人民銀にコメントを求めたが、返答はなかった。

Bank of Jinzhou's USD AT1 fell by 7 points on Thursday

  錦州銀は2018年の財務諸表を開示できず、同行の香港上場株は今年4月から売買停止となっている。5月には法人顧客向けの融資の一部が文書で規定された目的以外に使われている兆しがあるとして会計事務所の安永華明とアーンスト&ヤングが監査法人を辞任したと、同行は発表した。

  錦州銀は、UBSグループでアナリストを務めるジェーソン・ベッドフォード氏が要警戒として挙げていた金融機関の1つ。同氏は最近公的管理下に置かれた包商銀行について、17年に問題を指摘していた。同氏は25日に電話でブルームバーグの取材に対し、錦州銀は200行余りの中国地銀の中で銀行間市場の資金への依存度が2番目に高く、特にノンバンク金融機関の預金に依存していると述べた。

  1997年に設立された錦州銀は2015年12月に香港に上場。ブルームバーグの集計データによると、18年6月時点の総資産は1130億ドル、総預金額は530億ドル相当。

原題:China’s Embattled Jinzhou Bank Courts Investors as Bonds Tumble(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE