コンテンツにスキップする

ロシュ、通期見通しを上方修正-新薬の売り上げ好調

  • 多発性硬化症治療薬「オクレバス」の上期売り上げは63%増
  • 年内のスパーク・セラピューティクス買収手続き完了を見込む

スイスのロシュ・ホールディングは25日、2019年通期の業績見通しを上方修正した。がんや多発性硬化症の新薬の売り上げが好調で、旧来製品への後発品の圧力を相殺した。

  • 発表資料によると、通期の売上高とコア1株利益は1桁台の半ばから後半の伸び率となる見通し。従来予想は1桁台半ばの伸びだった

インサイト

  • アムジェンとアラガンは先週、ロシュのがん治療薬「アバスチン」「ハーセプチン」のバイオシミラー(バイオ後続品)の発売を発表。これを受け、投資家はロシュが価格面でどのように対応するかヒントを探っている
  • ロシュは米スパーク・セラピューティクスの買収手続きが遅れていることについて説明を提供しなかったが、米英当局と協力する中で年内の完了を見込んでいるとした
  • 成長のけん引役である多発性硬化症治療薬「オクレバス(一般名オクレリズマブ)」は1-6月(上期)も好調で、売上高は63%増加し、アナリスト予想を大きく上回った。

市場の反応

  ロシュの株価は年初から約8%上昇しているが、スイスの同業ノバルティスやブルームバーグの欧州医薬品株指数と比較すると出遅れている。

詳細

  • 決算の詳細についてはこちらをご覧ください
  • 発表資料

原題:Roche Boosts Full-Year Forecast as New Drugs Outperform(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE