コンテンツにスキップする
Photographer: Jason Alden/Bloomberg

FRBやECBなど世界の中銀、金融緩和で資産バブル生成の恐れ

  • ゾンビ企業を生きながらえさせて経済成長を圧迫する可能性も
  • 世界各国・地域の金融当局はレバレッジの危険な上昇も促進か
A stack of British one pound coins stand on an arrangement of a US one dollar banknotes in this arranged photograph in London, U.K., on Monday, July 22, 2019. The pound may fall to parity with the dollar on a no-deal Brexit, according to Morgan Stanley.
Photographer: Jason Alden/Bloomberg

世界各国・地域の中央銀行は、緩和策を検討するか既に講じつつある。景気拡大を持続させるのが狙いだが、将来に禍根を残す恐れもある。

  鈍化傾向にある世界経済をてこ入れしようと、低水準にある金利をさらに引き下げれば、資産バブルの生成を煽(あお)って最終的にはその崩壊をもたらしたり、ゾンビ企業を生きながらえさせて経済成長を圧迫したりすることになるかもしれない。

関連原稿

  世界の債務残高は計250兆ドル(約2京7000兆円)に近づいており、金融当局はレバレッジの危険な上昇を促進しつつもある。

The Bloomberg Central Bank Outlook

How major central banks will change interest rates by the end of 2019

Note: Based on median estimate of latest monthly or quarterly survey, where available, or of most recent collected forecasts. All interest rate and forecast data are as of July 16, 2019. Sources: Central banks, Bloomberg surveys

  米国みずほ証券のチーフ米国エコノミスト、スティーブン・リチュート氏は23日のリポートで、米金融当局が利下げすれば、「借り手を望ましくないリスクテークに駆り立て、将来的に次のリセッション(景気後退)を深刻化させるだろう」と指摘した。

  UBSグループのセルジオ・エルモッティ最高経営責任者 (CEO)は今週、金融緩和は「資産バブル生成のリスクがある」と警告したばかりだ。

ECB President Draghi and IMF Managing Director Lagarde at Bank Governors Conference

ドラギECB総裁

Photographer: Andreas Arnold/Bloomberg

  だが、世界的な景気減速や貿易戦争の緊張に対処することによる短期的利益の方が、追加緩和に伴う長期的コストよりも大きいと、金融当局は想定している。米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長と欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁はいずれも、追加緩和に踏み切る方向にあることを示唆。新興国の中銀の多くは既に利下げに動いている。

  グリーンスパン元FRB議長は、米金融当局が保険としての利下げにオープンな姿勢で臨むアイデアに支持を表明した。

  一方、ボストン連銀のローゼングレン総裁は19日、CNBCとのテレビインタビューで、「資産価格が高水準にある局面では、こうした価格を実際に押し上げるような事態を多少心配すべきなのは当然だ」と語り、今月30、31両日の連邦公開市場委員会(FOMC)で広く予想されている利下げに反対する可能性を示唆した。

Global stock of bonds with negative yields are above $13 trillion

原題:Central Bankers Playing a Dangerous Game With Asset Prices (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE