コンテンツにスキップする

アップルのサプライヤー、年後半の新型iPhone需要安定見込む

  • サプライヤーはアイフォーン最大7500万台向けに部品製造の準備
  • アナリストは昨年後半の販売台数を7000万-8000万台と推定
Inside The New Apple Inc. Carnegie Library Store
Photographer: Anna Moneymaker/Bloomberg
Inside The New Apple Inc. Carnegie Library Store
Photographer: Anna Moneymaker/Bloomberg

アップルのサプライヤーは、2019年後半に最大7500万台の新型「iPhone(アイフォーン)」向けに部品を製造する準備を進めている。これは前年同期とほぼ同水準となる。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  次期アイフォーン投入サイクル向けに計画されている台数は、米中貿易摩擦やスマートフォン市場全体の縮小にもかかわらず、アイフォーンの需要安定を示唆している。アップルは昨年にアイフォーン販売台数の公表を停止する方針を示したが、アナリストは昨年後半の新型アイフォーン販売台数を7000万-8000万台と推定している。

  内部の予想であることを理由に匿名を条件に語った関係者によれば、同社のアジアのサプライヤーは年末商戦の需要に対応するため、新型アイフォーン3モデル向けに部品を製造する準備を進めている。関係者の1人によると、同社のアジアのパートナーは必要なら最大8000万台に対応することも可能だという。別の事情に詳しい関係者の話では、アイフォーンの主要組み立て業者であるフォックスコン・テクノロジー・グループは深圳で人員採用を強化している。

原題:Apple Suppliers See Demand for New iPhones Stabilizing This Year(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE