コンテンツにスキップする

マドフ受刑囚、トランプ大統領に150年の刑期短縮を嘆願

  • 巨額詐欺事件で服役中のマドフ受刑囚(81)、恩赦は求めず
  • 司法省が嘆願を認めるよう勧告する可能性はほぼない-バーコー氏

巨額詐欺事件で服役中のバーナード・マドフ受刑囚は、150年の懲役刑の短縮をトランプ大統領に嘆願した。自由の身で人生を終えられるよう事実上要請した形だ。

  マドフ受刑囚(81)が嘆願書を提出した司法省のウェブサイトでは、申請日は掲載されていない。同受刑囚は恩赦ではなく、刑期短縮を求めている。

How Madoff's Multi-Billion Fraud Changed the Hedge Fund Industry

ニューヨークの連邦裁判所を出るバーナード・マドフ受刑囚(2009年3月10日)

  ニューヨーク大学の刑法関連シンクタンクでファカルティディレクターを務めるレイチェル・バーコー氏は、投資家に約200億ドル(現行レートで約2兆1600億円)の元本喪失をもたらし、多くの人々の老後の蓄えを失わせたマドフ受刑囚は夢を見ていると指摘し、「司法省がこの嘆願を認めるよう勧告する可能性はほとんどない」と述べた。

  同受刑囚の訴追を助けたマシュー・シュワルツ氏は「何万人もの被害者が今日まで、数十年にわたる同受刑囚の詐欺による深刻で壊滅的な損害をなお感じ続けている。大統領は減刑を受けるのにもっとふさわしい受刑者を確実に探し出せる」と述べた。

  嘆願を巡るマドフ受刑囚の現在の弁護士のコメントはこれまでのところ確認できていない。司法省はコメントを控えた。ホワイトハウスに電子メールを送付したが返信はない。CNBCは24日先にマドフ受刑囚の嘆願について報じていた。

原題:Madoff Asks Trump to Reduce His 150-Year Prison Sentence (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE