コンテンツにスキップする

ブラックロックの人事グローバル責任者が退職へ-ポリシー違反が理由

  • 経営委員会メンバーで採用と報酬、福利厚生、ポリシーを統括
  • 「全ての社員が最も高度な行動規範を守ることを期待する」とCEO

世界最大の資産運用会社である米ブラックロックの人事担当グローバル責任者で、10年余り勤務したジェフ・スミス氏(49)が、同社のポリシーに違反したとして退職する。ブルームバーグ・ニュースが内部文書の内容を確認した。

  ローレンス・フィンク最高経営責任者(CEO)とロバート・カピト社長は24日に出した文書の中で、「ブラックロックの全ての社員、特に最も職位の高い幹部らが、最も高度な行動規範を守ることをわれわれは期待する」と述べた。スミス氏が違反したとされるポリシーは明らかにしていない。後任探しを行う間、ロバート・フェアバーン副会長が暫定的にスミス氏の職務を引き継ぐ。

  広報担当のメリッサ・ガービル氏は、スミス氏の退職に関するコメントを控えている。同氏にもコメントを求める取材を試みたが、これまでのところ連絡が取れていない。ブラックロックのウェブサイトに掲載されていたプロフィルによれば、グローバル経営委員会のメンバーだった同氏は、採用と報酬、社員の福利厚生、ポリシーを統括していた。この説明は現在、サイトから削除されている。

原題:BlackRock Global HR Head Smith Leaves After Policy Breach (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE