コンテンツにスキップする

フェイスブック、SEC調査決着で1億ドル支払い-データ不正疑惑で

  • コンサル会社のデータ不正利用巡り投資家を誤解させた-SEC
  • FTCによる調査の決着では制裁金50億ドル支払い
US-INTERNET-FACEBOOK
Photographer: ALASTAIR PIKE/AFP
US-INTERNET-FACEBOOK
Photographer: ALASTAIR PIKE/AFP

フェイスブックは、アカウント保有者のデータの不正利用に関して同社が投資家を誤解させたとして米証券取引委員会(SEC)が進めてきた調査の決着のため、1億ドル(約108億円)を支払う。

  SECは24日の発表文でフェイスブックについて、顧客から収集した情報を外部デベロッパーが悪用していたことを2015年遅くまでに認識していながら、ルールに反したデータ取り扱いのリスクを「単なる仮説」とし、重要視しない趣旨の説明を行っていたと指摘した。この疑惑は、16年米大統領選でトランプ陣営が起用したコンサルティング会社ケンブリッジ・アナリティカが入手したデータに関連する。

  フェイスブックはSECとの和解で、不正疑惑について肯定も否定もしなかった。 同社は連邦取引委員会(FTC)による関連の調査を決着させるため50億ドルの制裁金を支払うことにも同意した。

原題:Facebook to Pay $100 Million SEC Fine Over Cambridge Data Use(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE