コンテンツにスキップする

フェイスブックの売上高、市場予想上回る-FTCは独禁調査開始

更新日時
  • 4-6月期の売上高は前年同期比28%増の169億ドル
  • 1日当たりのアクティブユーザー数も予想上回る

米フェイスブックが24日発表した4-6月(第2四半期)決算では、ユーザー数が依然として増え、広告収入がアナリスト予想を上回ったことが示された。同社が運営するソーシャルメディアの規模と能力がこれまでのところ、規制上の新たな制約とビジネスモデルへの批判によって妨げられていないことを示唆した。

  フェイスブックは決算報告で、同社事業に対する正式な反トラスト法(独占禁止法)上の調査を米連邦取引委員会(FTC)が開始したことも開示した。FTCはこの日の早い時間に、ユーザーのプライバシーを巡るフェイスブックの慣行に関する調査の和解を発表していた。米政府は大手テクノロジー企業への精査を強化しており、FTCは6月にフェイスブックを管轄する権限を与えられていた。

  24日の発表資料によると、4-6月期の売上高は前年同期比28%増加し169億ドル(約1兆8300億円)。アナリスト予想平均は165億ドルだった。同社の主なソーシャルメディア・サービスに毎日ログインする人数を示す1日当たりのアクティブユーザー数(DAU)は15億9000万人と、ブルームバーグが集計した予想平均の15億7000万人を上回った。

  決算発表の数時間前に発表されたFTCとの和解によると、制裁金は50億ドル。フェイスブックは支払いに備え前四半期に30億ドルを引き当て済みで、直近の四半期は20億ドルを引き当てると説明した。同社はさらに、個人情報の不正使用に関して投資家に誤解を与えたと主張する米証券取引委員会(SEC)との和解で1億ドルを支払うことも明らかにした。

  和解費用や税関連費用を含めた4-6月期の純利益は1株当たり91セント。同項目を除いたベースでは1.99ドルで、市場予想平均の1.88ドルを上回った。

  株価は決算発表後の時間外取引で小動きとなっている。

原題:Facebook Tops Sales Estimates; FTC Opens Antitrust Probe (1)(抜粋)

(FTCの制裁金の詳細などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE