コンテンツにスキップする

【NY外為】ドル指数が反落、米指標弱く-FOMCが焦点に

更新日時

24日のニューヨーク外国為替市場ではドル指数が4営業日ぶりに下落。米経済指標が予想を下回り、来週の連邦公開市場委員会(FOMC)会合で緩和政策が打ち出される論拠を強めた。ポンドはほぼ1週間ぶりの大幅上昇。英国ではジョンソン新首相が組閣に着手、主要閣僚を指名した。

  • ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%低下
    • ドルは主要10通貨に対し高安まちまち。対ドルではポンドが特に上昇した一方、オーストラリア・ドルは下落
    • 7月の米製造業購買担当者指数(PMI)速報値と6月の新築住宅販売は予想を下回った。市場は次回FOMCでの約0.30ポイントの利下げを織り込んでいる
    • ムニューシン米財務長官はCNBCとのインタビューで、長期的には強いドルが米国経済にとって有益であり、近い将来に弱いドル政策を掲げることはないだろうと述べた
  • ニューヨーク時間午後4時50分現在、ユーロはドルに対して0.1%安の1ユーロ=1.1139ドル
    • ドイツの7月製造業購買担当者指数(PMI)速報値は7年ぶり低水準
    • ブルームバーグ・ユーロ指数は2017年6月以来の低水準をつける場面があった
  • ドルは対円ではほぼ変わらずの1ドル=108円19銭
    • 浜田宏一内閣官房参与は日経新聞に対し、米金融当局の金融緩和で円高が進むのを防ぐために、日銀もさらなる緩和に動く必要性は考えられると述べた
  • ポンドはドルに対し0.3%高の1ポンド=1.2479ドル
    • 一時は0.7%高の1.2522ドルに上昇
    • ジョンソン英首相はラーブ前EU離脱担当相を外相に、ジャビド前内相を財務相に指名
  • 豪ドルは米ドルに対し0.4%安
    • オーストラリア準備銀行は10月に0.75%に政策金利を引き下げ、2月にも追加利下げを行うとウエストパックのビル・エバンズ氏が予想

欧州時間の取引

  ユーロ圏内の製造業指標が予想を下回ったことを受け、ユーロはドルに対して一時、5月31日以来の安値となる1ユーロ=1.1127ドルを付けた。

原題:Dollar Declines on Economic Data as Traders Eye Fed: Inside G-10(抜粋)
Euro Hit by Data, Aussie Drops on RBA Rate Cut Call: Inside G-10

(相場を更新し、情報を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE