コンテンツにスキップする

中国、報復関税の適用外で米国産大豆の購入を承認

  • 購入規模は200万-300万トン、5社に購入を承認
  • 米中通商交渉の進展状況に応じて、第二弾も

中国政府は最大300万トンの米国産大豆を報復関税の適用外で購入することを5社に認めた。事情に詳しい関係者が明らかにした。米中両国は通商交渉を継続している。

  購入規模は200-300万トンで、報復関税を課さないのは米国に対して誠意を示す一環だという。情報が非公開だとして匿名を条件に述べた同関係者によると、通商交渉の進展次第では、同様の措置の第2弾もあり得る。

Major Mills

Some soybean crushers receive tariff waivers from China's government

Source: China National Grain and Oils Information Center

NOTE: Figures refer to volumes of soy processed in 2018 by their plants

  中国商務省に通常業務時間外にファクスでコメントを求めたが返答はえられていない。

原題:China Approves Tariff-Free U.S. Soybean Purchases as Goodwill(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE