コンテンツにスキップする

マクドナルドにお金を払う投資家、ハンバーガー食べていないのに

  • ユーロ建て債(表面利率4%)利回りは現在、マイナス0.174%
  • 表面利率2%のユーロ建て債(2023年償還)ではマイナス0.148%
McDonald’s hamburgers.

McDonald’s hamburgers.

Photographer: Joe Raedle/Getty Images

McDonald’s hamburgers.

Photographer: Joe Raedle/Getty Images

外食チェーン最大手の米マクドナルドの社債は、同社のハンバーガーほどおいしくない。

  金融危機後の超低金利の中で、投資家は今や同社にお金を払ってユーロを貸している。欧州中央銀行(ECB)が追加緩和に動こうとしている今、既に13兆3000億ドル(約1440兆円)相当に達しているマイナス利回り債はさらに増える見込みだ。この流れに、欧州市場の一部の米発行体も飲み込まれている。

  ブルームバーグのデータによれば、マクドナルドのユーロ建て債(表面利率4%)の利回りは現在、マイナス0.174%となっている。表面利率2%のユーロ建て債(2023年償還)ではマイナス0.148%。

Even euro bonds from U.S. issuers trade at negative yields

  ユーロ建て社債の利回りがマイナスになった米発行体はマクドナルドのほか、アップルやペプシコ、AT&T、IBMなど。投資適格級の格付けを得ているこれらの企業に加え、アルティス・フランスやテレコム・イタリアなど幾つかのジャンク級(投機的格付け)企業が発行した社債の利回りもマイナスになっている。

原題:Investors Paying to Lend to McDonald’s, Not Just to Eat There(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE