コンテンツにスキップする

不動産仲介の米リアロジー株急伸、アマゾンとの提携を発表

23日の米株式市場で、不動産仲介のリアロジー・ホールディングスが2012年以来の大幅高となった。アマゾン・ドット・コムとの提携を発表したことが好感された。

  両社の新たなプログラム「ターンキー」に基づくと、アマゾンのポータルサイトで住宅を探している潜在的な買い手はリアロジーの仲介担当者と直接つながることになる。実際に住宅を購入すると、スマートホーム製品や掃除サービスなどアマゾンの商品やサービス最大5000ドル(約54万円)分を受け取る。リアロジーが23日、発表した。

  住宅市場減速の懸念が広がる中、リアロジーの株価は年初から7月22日までの時点で60%超下落していた。23日はニューヨーク時間午前9時48分現在、15%高。一時は30%値上がりした。

  リアロジーは「ベターホームズ」や「センチュリー21」、「コールドウエルバンカー」などのブランドを傘下に持つ。

原題:Realogy Shares Surge After Brokerage Enters Pact With Amazon (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE