コンテンツにスキップする

世界が憧れる独産業界の象徴「メルセデス・ベンツ」、一段と中国化

更新日時
  • 北京汽車集団がダイムラー株5%を買い入れ-約3000億円相当
  • ダイムラーの筆頭株主は浙江吉利控股集団のオーナーの李書福氏
A Mercedes-Benz AG AMG luxury automobile on display at the St. Petersburg International Economic Forum.

A Mercedes-Benz AG AMG luxury automobile on display at the St. Petersburg International Economic Forum.

Photographer: Andrey Rudakov/Bloomberg
A Mercedes-Benz AG AMG luxury automobile on display at the St. Petersburg International Economic Forum.
Photographer: Andrey Rudakov/Bloomberg

ドイツ産業界の象徴であり世界が憧れる高級車「メルセデス・ベンツ」が一段と中国化する。

  メルセデス・ベンツを製造するダイムラーの中国パートナー、北京汽車集団(BAICグループ)がダイムラー株5%相当を買い入れ、10年以上にわたり続いている協力体制を強化すると23日に発表された。

  ダイムラーの筆頭株主は浙江吉利控股集団のオーナーで富豪の李書福氏で、今回のBAICによる出資で、中国勢のダイムラー持ち分比率は約15%となる。

Mercedes Shows Offroad Looks for Concept Compact SUV in China

ダイムラーのケレニウスCEO

 

  ダイムラーのオーラ・ケレニウス最高経営責任者(CEO)は「成功を収めているわれわれのパートナーシップを強化する出資であり、ダイムラーの戦略と将来的な可能性に対する信頼のシグナルだ」とコメントした。

  23日のフランクフルト市場で、ダイムラーの株価は5%上昇。それまでの1年間では15%値下がりしていた。高級車で世界一のダイムラーは今月、過去1年強で4回目となる利益見通し引き下げを公表。悪いニュースが続き、今年就任したケレニウスCEOにとってリターン改善が可能だと示すことが喫緊の課題となっていた。

  発表資料によれば、北京市政府が出資するBAICによる出資分の約半分は金融商品に関連しているが、この金融商品は特定されていない。22日のダイムラー株終値に基づくと、持ち分5%は約25億ユーロ(約3000億円)相当となる。

Inside the Shanghai Auto Show

メルセデスAMG・GT・C(2019年の上海自動車ショー)

Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

Daimler's Becoming Increasingly Chinese

Two of Daimler's top shareholders are Chinese

Source: Daimler

Note: Li Shufu, Kuwait fund stakes are based on previous disclosures and assumes no dilution from BAIC deal.

Historic Slump

China’s vehicle demand is expected to decline for second straight year

Source: LMC Automotive

原題:China Strengthens Hold on Daimler, Buying $2.8 Billion Stake (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE