コンテンツにスキップする

JXTG:大阪製油所の石油精製停止へ、来年10月めど-需要減で

  • JXTGがペトロチャイナとの合弁から製油所取得-発電所に転換
  • 合弁会社は千葉製油所を取得して共同事業継続することを検討

JXTGホールディングスは23日、大阪製油所(大阪府高石市・原油精製能力日量11万5000バレル)の原油精製機能を2020年10月をめどに停止すると発表した。石油製品の国内需要の減少やアジア市場を中心とした競争が激化していることが背景にあるとしている。

  JXTGは2010年、ペトロチャイナ(中国石油)傘下の日本法人との間に設立した合弁会社に同製油所を売却し、精製した石油製品を輸出していた。今後はJXTGが大阪製油所を合弁会社から再取得し、アスファルトを燃料にした発電所として運営する。

  また、合弁会社はJXTGから千葉製油所(千葉県市原市・日量12万9000バレル)を取得して共同事業を継続することを検討する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE