コンテンツにスキップする

ゴールドマン、マイクロンやアプライドの投資判断引き上げ-株価上昇

  • 半導体メモリーの安定化の初期兆候を理由に挙げた
  • マイクロン、ラム、アプライド、KLAはいずれも大幅高

ゴールドマン・サックスは、予想よりも速いペースで半導体の在庫水準が改善する可能性があると分析し、「半導体メモリーの安定化の初期兆候」を理由に一部メーカーの投資判断を引き上げた。

  ゴールドマンはマイクロン・テクノロジーラムリサーチアプライド・マテリアルズをいずれも従来の「中立」から「買い」に上方修正。アプライドは強い買い推奨「コンビクション・リスト」に追加された。KLAは「売り」から「中立」に引き上げた。

  ゴールドマンのアナリスト、マーク・ディレーニー氏は、「われわれは現在、世界の半導体メモリー株に対して、一段と前向きだ。各社の半導体メモリーの過剰在庫が今後、当初の従来予想より速いペースで減少すると見込まれるからだ」と説明した。同氏は6月に発生した東芝メモリ四日市工場の停電に伴う一部生産停止に言及。これもウエスタンデジタルの価格と在庫水準を支えるとされた。

  ゴールドマンは以前、NAND型メモリーの需給が2020年に改善すると予想していたが、「業界内の最新の議論では、NAND型メモリーの価格は、19年7-9月(第3四半期)に「低水準から改善し始める可能性」が示されたと説明した。ブルームバーグ集計のデータによると、マイクロンの18年売上高全体にNAND型メモリーが占める割合は25%を上回った。

  22日の株価終値はマイクロンが3.7%高、アプライドが6.1%高、KLAが3.9%高、ラムが4.4%高。

原題:Micron Upgraded at Goldman on Improved Memory-Chip Trends (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE