コンテンツにスキップする

【NY外為】ドル上昇、株高が背景-ECB結果待ちでユーロ下落

更新日時

22日のニューヨーク外国為替市場ではドル指数が小幅続伸。アマゾン・ドット・コムやアルファベットなど大手企業の決算発表を週内に控えての米国株上昇が背景となった。欧州中央銀行(ECB)政策委員会(25日)の結果が待たれる中、ユーロは対ドルで小動きとなったが、スイス・フランに対しては2年ぶり安値を付ける場面があった。

  • ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%上昇
    • 主要10通貨のうち、カナダ・ドルやポンドは対ドルでの下げが比較的大きかった
  • ECBが「かなり積極的な」緩和に踏み切るとの観測が出ている中で、トレーダーは米金融当局による政策金利引き下げの可能性も考慮した
    • セントルイス連銀のブラード総裁は19日、「次回会合では25ベーシスポイント」利下げが望ましいと考えていること、またこうした動きが相次ぐ利下げの開始を意味するわけではないとの見方を示した
    • トランプ大統領は米金融当局は政策金利引き下げで「今動く」べきだと主張、あらためて利下げを要求
  • ニューヨーク時間午後4時51分現在、ドルは対円で0.2%高の1ドル=107円87銭
    • 一時は108円07銭に上昇
    • 日銀の黒田東彦総裁はワシントンの国際通貨基金(IMF)で講演。日銀はインフレを2%の目標に引き上げるため「しっかりと強力な金融緩和を続けていく方針だ」と表明
  • ポンドはドルに対し0.2%安の1ポンド=1.2477ドルと、2営業日続落
    • ハモンド英財務相は、次期首相にジョンソン前外相が決定するなら自分は24日に辞任すると述べた
  • ユーロはドルに対して0.1%安の1ユーロ=1.1208ドル
    • ユーロはスイス・フランに対して1ユーロ=1.09994フランと、2017年7月以来の安値を付ける場面があった

欧州時間の取引

  ドルが円に対し上昇。今月末の大幅な米利下げを見込んだトレードが巻き戻された。英保守党党首選の結果発表が待たれる中、ポンドは前週末に続き下落した。

原題:Dollar Climbs With Stocks; Euro Falls Ahead of ECB: Inside G-10(抜粋)
Dollar Climbs as Traders Question Big Fed Rate Cut: Inside G-10

(相場を更新し、情報を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE