コンテンツにスキップする

バフェット氏の前では赤子も同然、オキシデンタルをアイカーン氏批判

ウォーレン・バフェット氏

ウォーレン・バフェット氏

Photographer: Houston Cofield/Bloomberg
ウォーレン・バフェット氏
Photographer: Houston Cofield/Bloomberg

米石油会社、オキシデンタル・ペトロリアムの経営陣が380億ドル(約4兆1000億円)相当のアナダルコ・ペトロリアム買収案を性急にまとめたのは、保身を目的とした買収防衛策だったと、アクティビスト(物言う投資家)のカール・アイカーン氏が批判した。

  アイカーン氏はオキシデンタル株主に宛てた書簡に、ビッキー・ホラブ最高経営責任者(CEO)とユージーン・バチェルダー会長は自社が買収の標的になることを懸念するあまり、「極めてリスキーな」取引をまとめたようだと記した。22日に送付予定の同書簡のコピーをブルームバーグが閲覧した。

  「私が考えるに、ホラブ、バチェルダー両氏は自分らの利益に何が有益か知っているが、何が株主のためになるかは特に気にかけていない」とも批判。オキシデンタルが「衰退し、業績が悪化する中で、買収案が出され、それを株主が受け入れるのを両氏は恐れていた」と続けた。

Key Speakers At The 2019 Milken Conference

オキシデンタルのホラブCEO

Photographer: Kyle Grillot/Bloomberg

  資産家ウォーレン・バフェット氏はこれまで、オキシデンタルに100億ドルを投じてアナダルコ買収計画を支援すると発表している。これについてアイカーン氏は、この合意でオキシデンタルが手放したものはあまりに大きかったと指摘。ホラブCEOはバフェット氏に「文字通り、ごっそり持って行かれた」と表現し、「バフェット氏との取引は幼児からキャンディーを奪うようなものだったが、驚くべきことにホラブ氏は公然とバフェット氏に感謝の念を伝えた」と記した。

  オキシデンタルの時価総額は、アナダルコ買収に関心があると最初に報じられて以降に120億ドル減少。オキシデンタルは22日の米市場で一時、前週末比1.6%安となった。

原題:Icahn Slams Occidental, Says Buffett Took CEO to ’Cleaners’ (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE