コンテンツにスキップする

中国政府が米国産大豆の購入拡大を検討、企業側と協議-関係者

  • 政府は会社側との会合を北京で19日に開いたと関係者
  • 米国からの輸入に課す報復的な関税措置の免除を含める可能性も

中国政府は大豆の買い付けを行う国有・民間企業と米国からの購入を増やす計画について協議している。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  政府は会社側との会合を北京で19日に開き、米国からの輸入に課す報復的な関税措置の免除を含める可能性など、米国産大豆の購入拡大計画について話し合った。非公開情報だとして関係者が匿名を条件に語った。

  政府は各社から意見を求めており、通商協議の進展次第で同計画は変更し得るという。購入量など計画の詳細についてはまだ最終的にまとまっていないとしている。

  中国商務省に電子メールを送付したが、返答はなかった。

関連記事:
中国、貿易協議再開を示唆-米農産品の輸入計画などで「善意」示す

原題:China Considers Plan to Boost Purchases of U.S. Soybeans(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE