コンテンツにスキップする
Photographer: GREG BAKER/AFP

中国、ウイグル政策への欧米の批判に白書で反論-大規模拘束を擁護

  • 欧米諸国は少数民族ウイグル族の拘束を批判
  • 新疆は「不可分の領土」、内外の敵対勢力が事実ゆがめていると中国
This photo taken on June 4, 2019 shows a facility believed to be a re-education camp where mostly Muslim ethnic minorities are detained, north of Akto in China's northwestern Xinjiang region. - As many as one million ethnic Uighurs and other mostly Muslim minorities are believed to be held in a network of internment camps in Xinjiang, but China has not given any figures and describes the facilities as "vocational education centres" aimed at steering people away from extremism. (Photo by GREG BAKER / AFP) / TO GO WITH AFP STORY CHINA-XINJIANG-MEDIA-RIGHTS-PRESS,FOCUS BY EVA XIAO        (Photo credit should read GREG BAKER/AFP/Getty Images)
Photographer: GREG BAKER/AFP

中国当局は21日、新疆ウイグル自治区の歴史に関する白書を公表し、少数民族ウイグル族の大規模拘束を批判する欧米諸国に反論した。

  国営新華社通信は白書を引用し、新疆は中国の「不可分の領土」と主張。分離独立派や宗教の過激派、テロリストなど内外の敵対勢力が歴史や事実をゆがめ、中国を分裂させようとしていると論じた。

  国連では今月、米国を含む22カ国が100万人に上るウイグル族の拘束をやめるよう中国に促していた。中国は拘束中の人数に反論する一方、取り締まりはテロとの闘いや長年の混乱後のウイグル経済見通しの改善に必要だとして擁護している。

  白書は「中国文化との一体感強化は新疆の民族文化の繁栄と発展に不可欠だ」と訴えた。

原題:China Steps Up Defense of Xinjiang Policies in Government Report(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE