コンテンツにスキップする

ウクライナ議会選、ゼレンスキー大統領の新党が圧勝の勢い-出口調査

  • 大統領率いる「国民の奉仕者」の得票率は過去最高の44%
  • 人気ロック歌手設立の「声」に連立協議に加わるよう呼び掛けた

21日に投開票されたウクライナ最高会議(議会、定数450)選挙で、元コメディアンのゼレンスキー大統領が率いる新党「国民の奉仕者」が圧勝の見通しとなった。汚職取り締まりや経済立て直し、親ロシア分離派との紛争終結といった公約が支持された。

  ゼレンスキー大統領の新党は、政府機関での汚職撲滅が進まないことに対する国民の怒りに後押しされた。投票終了後に公表された出口調査によれば、同党の比例代表での得票率は過去最高の44%。

   ゼレンスキー大統領は人気ロック歌手ワカルチュク氏率いる設立から2カ月の政党「声」に連立協議に加わるよう呼び掛けた。出口調査によると「声」の得票率は6.3%。定数450議席の半分が比例代表で争われ、小選挙区の選挙も行われた。22日早くから一部の結果が判明する見通しで、週内に完全な集計結果が発表される。

原題:President Zelenskiy Clinches Political Sweep in Ukraine Election(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE