コンテンツにスキップする

株どこみる:忘れてませんか、トヨタ株

参議院選挙を終えたことで、株式市場が注目する政治イベントは日米貿易協定交渉などに移りそうだ。

  日米貿易協定交渉での自動車分野に関する不透明感やグローバル景気の減速など、長らく「懸念材料のデパート」的存在だったのがトヨタ株。株価は昨年低迷していたものの、ことし6月以降は上昇が加速し、先週末19日には年初来高値を付けるまで復調しつつある。時価総額トップの同社株の動向は市場全体の先行きを占う一面もあるだけに、3カ月ぶり高値圏となった中できょうは戻り売り圧力が強まるのか、昨年10月以来の7200円台を回復するかが注目される。

19日には年初来高値を更新
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE