コンテンツにスキップする

エジプトでの航空テロ、リスク高いと英政府警告-BAは7日間欠航

エジプト領内で航空テロのリスクが高まっているとして、英政府が警告を維持したことを受け、ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)はカイロ便全便を7日間欠航にした。

  BAはこのほかの安全対策として、同航空が乗り入れる全ての空港で保安システムを見直しているという。「安全が確認されるまで、運航は再開しない」とのコメントを20日に発表した。

  ドイツのルフトハンザ航空は20日、安全上の理由でカイロ便2便を欠航とした。同航空の広報担当者がブルームバーグに述べた。21日には全便の運航を再開した。

  エジプト民間航空当局の責任者であるサメハ・エルヘフニー氏は、運航停止には「根拠がなく」、エジプトは「世界で最も厳しい安全基準」を満たしているとの声明を出した。

原題:British Airways Halts All Cairo Flights for Seven Days (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE