コンテンツにスキップする

米財務長官ら、華為問題でテクノロジー企業関係者と会合へ-関係者

  • 22日に国内のテクノロジー企業の関係者をホワイトハウスに招く
  • 経済問題を協議するとしてインテルやクアルコムが招かれている

米トランプ政権は22日に国内のテクノロジー企業の関係者をホワイトハウスに招き、華為技術(ファーウェイ)との取引再開を巡る問題を協議する。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  ムニューシン財務長官とクドロー国家経済会議(NEC)委員長が今後の方針を協議したいとして、半導体やソフトウエア関連企業との会合を設定。会合に詳しい関係者1人によると、米政権幹部はこうした企業に対し「経済的な問題を協議」したいとしている。

White House Press Briefing With Treasury Secretary Steven Mnuchin

ムニューシン長官

  

  招かれている企業にはインテルとクアルコムが含まれるという。ホワイトハウスはこれまでのところコメントの求めに応じていない。

  トランプ大統領と中国の習近平国家主席は6月の大阪での20カ国・地域(G20)首脳会議後に、貿易戦争の休戦で合意。トランプ大統領は当時、ファーウェイに対する禁輸措置を緩和する意向を表明するとともに、中国が米農産品の購入を約束したと述べていた。

  ホワイトハウスでのこの会合は、トランプ政権が米企業によるファーウェイとの取引再開に真剣であることを中国に示し、中国に米農産物の購入拡大を促す取り組みの一環だと関係者の1人は語った。

関連記事:華為技術サプライヤーがクドロー氏と22日に会合-Wポスト

原題:Mnuchin, Kudlow Invite U.S. Tech Giants to Discuss Huawei Ban(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE