コンテンツにスキップする

セントルイス連銀総裁、FRB議長職に意欲-7月利下げを支持へ

  • その栄誉が与えられるのであれば、もちろん引き受けたい
  • 7月末のFOMCで0.25ポイントでの利下げを支持する姿勢示す

米セントルイス連銀のブラード総裁は19日、今月末に開催される連邦公開市場委員会(FOMC)での0.25ポイントの利下げを支持する姿勢を示すとともに、連邦準備制度理事会(FRB)の議長職について「やりたい仕事だ」と語り意欲を表明した。同総裁は最もハト派とされる1人。

  ブラード総裁はニューヨークで記者団に対し、「その栄誉が与えられるのであれば、もちろん引き受けたい」と語った。その上で、天命を待つような話だとも付け加えた。

  パウエルFRB議長はトランプ米大統領が解任しようとしたとしても4年の任期を全うするとの意向を表明している。

1468343028_James-Bullard

ブラード総裁

写真家:Chris Goodney / Bloomberg

関連記事:セントルイス連銀総裁:7月会合で0.25ポイントの利下げを支持へ

原題:Fed Dove Bullard Backs Quarter-Point Cut, Would Love to Be Chair(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE