コンテンツにスキップする

【NY外為】ドル上昇、0.5ポイント米利下げ観測後退-米中協議好感

19日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが上昇。ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁のハト派的な発言は今月会合での政策行動の可能性に関するものではないとする同連銀の説明を受け、今月の0.5ポイント利下げ観測が後退した。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が米金融当局は小幅な利下げを示唆していると報じたことで、ドル高が加速したものの、WSJは当局者の新たな発言を引用しているわけではない。

  • ニューヨーク時間午後4時32分現在、ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.4%上昇。一方、ユーロは下げが目立った。ドイツの生産者物価指数が市場予想を下回った
    • 円とスイス・フランは下げ幅を縮小。イランの革命防衛隊がホルムズ海峡で英国の石油タンカーを拿捕(だほ)したと伝わったことが背景
  • 米国債利回りは上昇。フェデラルファンド(FF)金利先物市場では7月会合での約0.31ポイント利下げが織り込まれている。前日は0.5ポイント利下げに傾斜していた
    • 10年債利回りは3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の2.05%。2年債利回りは6bp上昇して1.82%
    • ウィリアムズ総裁は18日の講演で、景気悪化の兆候が顕在化した時点で迅速に行動すべきだと発言。NY連銀は同日、この発言について「20年間の研究に基づく学術的なスピーチだった」と説明した
    • トランプ米大統領は最初の同総裁発言が好ましいとし、米金融当局は「量的引き締めをやめるべきだ」と述べた
  • 米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表とムニューシン米財務長官は中国当局者と電話で協議した。先月の米中首脳会談以降、2回目となる
    • トランプ氏はムニューシン長官と中国側との電話協議は非常に良好だと述べた
  • ドルは対ユーロで0.5%高の1ユーロ=1.1219ドル。対円では0.4%上げて1ドル=107円73銭

欧州時間の取引

  円がドルに対して下落。積極的な米利下げの観測が後退したほか、米中貿易協議に進展の兆しが見られることで、リスク選好の動きが強まった。

原題:Dollar Posts Weekly Gain as Bets on 50BP Cut Fade: Inside G-10(抜粋)
Yen Dips as Risk Appetite Grows, Dollar Recovers: Inside G-10

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE