コンテンツにスキップする
Photographer: STR/AFP

米中の通商閣僚が電話協議、詳細公表せず-USTR報道官

更新日時
  • 先月の米中首脳会談以来2回目の閣僚級電話協議
  • 中国の米農産品輸入拡大やファーウェイ規制緩和の具体策が対立点
This photo taken on May 17, 2019 shows a container ship berthing at the port in Qingdao, in China's eastern Shandong province. - EU firms are "caught in the crossfire" of the US-China trade war, which is hurting the economic environment and exports to the United States, the European Union Chamber of Commerce in China said on May 20, 2019. (Photo by STR / AFP) / China OUT (Photo credit should read STR/AFP/Getty Images)
Photographer: STR/AFP

米国と中国の通商問題を担当する両国の高官がワシントン時間18日に電話で協議した。米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表のオフィスが明らかにした。

  ライトハイザー代表とムニューシン財務長官が中国側と協議したことをUSTR報道官が確認。協議内容の詳細は公表されていない。電話協議についてはロイター通信がこれに先立って伝えていた。

Vice Premier Liu He Leads Chinese Trade Delegation In Washington

ライトハイザー代表(左)とムニューシン長官

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

  トランプ米大統領と中国の習近平国家主席が大阪での20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に合わせて先月29日に会談を行って以降、貿易を巡る閣僚級の米中電話協議は2回目。米中首脳会談では、具体的は合意期限は示されなかった。

  ムニューシン長官は15日、対中電話協議が生産的だった場合、自身とライトハイザー代表は協議のため訪中するだろうと話していた。

  トランプ大統領は16日、自分が望めば中国からの輸入品に追加関税を課すことができるとあらためて述べた。中国による米農産品輸入拡大の時期と規模や、華為技術(ファーウェイ)に対する米国の取引規制緩和の具体策などが、交渉の行き詰まりの原因となっている。

原題:U.S., China Trade Negotiators Spoke by Phone, USTR Says(抜粋)

(背景などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE