コンテンツにスキップする

NY連銀総裁:景気刺激必要な兆候顕在化なら金融当局は迅速に行動を

  • 総裁講演は政策行動に関するものでない-NY連銀報道官が声明発表
  • ウィリアムズ総裁の講演テキストの解釈巡り市場に揺さぶり広がる

ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は18日、現在のような低金利時代において各国・地域の中央銀行は、経済に問題が生じる兆候を見つけたら迅速に行動すべきだと述べた。

  ウィリアムズ総裁は「ゼロ金利制約(ZLB)に近い生活」と題したニューヨークでの講演テキストで、「景気を刺激する手段に限りがある場合、経済悪化の最初の兆候が顕在化した時点で迅速に利下げに動くのが得策だ」と述べた。

  ニューヨーク連銀報道官は18日、ウィリアムズ総裁の講演について、「20年間の研究に基づく学術的なスピーチだった。今月の連邦公開市場委員会(FOMC)での政策行動の可能性に関するものでない」との声明を電子メールで送付した。

  ウィリアムズ総裁の講演テキストの解釈を巡り、市場にはいったん揺さぶりが広がった。

San Francisco Federal Reserve Bank President John Williams Interview

ウィリアムズNY連銀総裁

  投資家の間では7月30、31両日のFOMCでの利下げ観測が強まっているが、利下げ幅を巡っては0.25ポイントと0.5ポイントで見方が割れている。

  ウィリアムズ総裁が準備した講演テキストは、政策立案者が直面している課題についての考察に限定し、米経済や米金融政策の見通しへの具体的言及はなかった。

  同総裁は先進各国・地域の中銀がインフレ率を目標付近で維持することの難しさを、低金利による金融政策への足かせと関連付け、インフレ期待が上向かない場合は「中銀が将来、インフレ目標からさらに離れたところからスタートすることになって、行動の余地が一段と狭まることを意味する」と付け加えた。

原題:Williams Says Fed Should Act Quickly When Stimulus Need Arises、New York Fed: Williams’ Speech Not About Potential Policy Action(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE