コンテンツにスキップする
Photographer: MCSN Craig Z. Rodarte/U.S. Navy via Getty Images/U.S. Navy

米艦艇がイランの無人機を撃墜、ホルムズ海峡近くで-トランプ大統領

  • 複数回の警告を無視し接近した無人機に対し防衛措置を取ったと説明
  • ホルムズ海峡周辺での軍事的緊張の高まりがあらためて浮き彫りに
The USS Boxer in the East Sea on March 8, 2016.
Photographer: MCSN Craig Z. Rodarte/U.S. Navy via Getty Images/U.S. Navy

トランプ米大統領は18日、ホルムズ海峡近くで米海軍の強襲揚陸艦「ボクサー」に接近したイランの無人機を「直ちに破壊した」と述べた。ホルムズ海峡周辺での軍事的緊張の高まりがあらためて浮き彫りとなった。

  トランプ大統領はホワイトハウスで、この無人機は同艦艇と乗組員にとって脅威だったと説明。自分は「他の国々に対し、ホルムズ海峡を航行する自国の船舶を守るよう」求めていると述べた。

U.S. President Trump Hosts The 2019 Special Olympics World Games Team USA At White House

トランプ大統領

Photographer by Olivier Douliery/Pool via Bloomberg

  トランプ大統領は、「立ち去るよう求める複数回の警告を無視し、約1000ヤード(約914メートル)と非常に近くまで接近して艦艇と乗組員の安全を脅かしたイランの無人機に対し、ボクサーは防衛措置を取った」と語った。

  この発表を受け、米原油先物相場は下げ幅を若干縮小した。

  米国防総省のホフマン報道官は声明で、現地時間18日午前10時(日本時間同午後2時半)にボクサーは「国際水域を航行中で、予定通りホルムズ海峡に入ろうとしていた」が、この時、1機の無人機が「危険な距離まで接近した」ため「同艦艇は防衛措置を取った」と説明した。

  米国とイランの緊張は、同海峡周辺での度重なる貨物船への攻撃や米無人偵察機の撃墜、ジブラルタル沖での英海兵隊によるイラン産原油を積んだタンカーの拿捕(だほ)などで高まっていた。

原題:Trump Says U.S. Warship Downed Iran Drone Near Strait of Hormuz(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE