コンテンツにスキップする

ムニューシン長官:米債務上限引き上げ、合意は「かなり近い」

ムニューシン米財務長官は18日、トランプ政権と議会民主党が予算合意案における歳出水準のおおまかな数字で合意していると述べた。議会が夏季休会に入る前に、連邦債務の法定上限を引き上げる道が開かれた可能性があるとの認識を示した。

  長官はまた、期限までに予算の細部が全てまとまらなかった場合、短期的な債務上限引き上げで妥協する考えを示唆した。一方のペロシ下院議長はこれまでに、一時的な債務上限の引き上げには反対の姿勢を示している。

  ムニューシン長官はCNBCとのインタビューで、「市場は心配すべきではないだろう」とし、「当事者全てが同意していると思う」と続けた。このインタビューは、主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議の開催地であるフランスのシャンティイから中継で行われた。

  ムニューシン長官のこれまでの発言によれば、米財務省では最も慎重な予測に基づき、米国は9月初めにもデフォルト(債務不履行)に陥るリスクがあると分析している。議会が夏季休会から戻るのは9月9日を予定している。

  長官は「政府、下院、上院がそろって希望するのは、上限合意に伴う埋め合わせ措置と債務上限引き上げの両方を盛り込んだ合意をまとめることだろう」とした上で、「合意はかなり近いと思う」と話した。

原題:Mnuchin Says Deal on Budget, Raising Debt Limit ‘Very Close’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE