コンテンツにスキップする
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

モルガン・スタンレー、ウォール街最大のトレーディング減収

  • ウェルスマネジメントの手数料収入は予想に反して増加
  • 株式と債券のトレーディング収入はいずれも予想以上に減少
Signage is displayed outside Morgan Stanley & Co. headquarters in the Times Square neighborhood of New York, U.S., on Friday, Feb. 22, 2019. U.S. stocks rose along with Treasuries as investors awaited results from top-level trade talks between America and China.
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

米国の銀行持株会社、モルガン・スタンレーの4-6月(第2四半期)決算では、トレーディング収入がウォール街で最大の落ち込みとなった。

  強みとする株式トレーディング収入は前年同期比14%減り、大手米銀中で最大の減少となった。同社はプライムブローカー業務で顧客の資金残高が減少したことが理由だと説明した。ウェルスマネジメントの手数料収入は予想に反して増加したものの、トレーディングの不調で全社的に減収となった。

  株式トレーディング収入は21億3000万ドル(約2300億円)に減少。ブルームバーグがまとめたアナリスト予想平均は22億7000万ドルだった。ライバルのゴールドマン・サックス・グループでは、株式トレーディング収入が予想外に大きく増加し、20億ドル強となった。

  債券トレーディング収入も18%減と、競合他社より大きく落ち込んだ。アナリストは7%減を予想していた。投資銀行業務では助言業務が全般に不調。債券引き受けは予想以上に悪化した。株式引き受けは予想を上回った。

  ウェルスマネジメント部門は予想外の増収となり利益率は28%を達成した。1株当たり利益は1.23ドル、アナリスト予想は1.15ドルだった。

原題:Morgan Stanley’s Worst-on-Wall-Street Trading Slump Cuts Profit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE