コンテンツにスキップする
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

中国本土株から香港株にシフト-株式ファンド運用絶好調の曲揚氏

  • 香港株は7-12月に人民元建てA株より良い成績となる公算大
  • バリュエーションが低めの香港株、米利下げなら海外資金流入
The Bank of China Tower, center left, and other commercial buildings stand illuminated at night in this photograph taken with a tilt-shift lens at night in Hong Kong, China on Friday, Nov. 27, 2015. Secondary private residential property prices dropped 3.9 percent since peaking in September, according to an index published by broker Centaline Property Agency Ltd.
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

中国の株式ファンドとしてはトップクラスの成績を残している「滬港深優勢精選霊活配置基金」の運用担当者、曲揚氏が香港株を買い増している。

  前海開源基金管理の同ファンドを運用する曲氏はここ3カ月間に香港株の割合を30%超に増やした。最新の報告書で分かった。1-3月(第1四半期)末時点の割合(13%)から大きく上昇し、香港株の比率はここ2年近くで最も高い。

  曲氏は4日のインタビューで、香港株は7-12月(下期)に中国人民元建てA株より良い成績となるチャンスが大きいと述べた。同氏のファンドは競合ファンドの98%よりも運用成績が優れているが、好調な本土株の一部を売却し、香港上場のカジノ銘柄や消費者関連株を買い入れている。

Hong Kong stocks are trading at a bigger discount to their mainland peers

  約9億7000万ドル(約1045億円)相当の運用に携わる曲氏は、香港株のバリュエーションは引き続き過去平均を下回っており、米連邦公開市場委員会(FOMC)が利下げすれば海外投資家がさらに香港株に引き付けられるはずだとしている。

原題:China Investor Beating 98% of Peers Bets on Hong Kong Stocks (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE