コンテンツにスキップする

米国、F35計画からトルコを段階的に排除-ロシア製ミサイル導入で

  • ロシアの情報収集の仕組みとF35は共存できない-ホワイトハウス
  • トルコは反発-一方的な措置は同盟の精神に反し、全く法的根拠ない

米国防総省は17日、最新鋭ステルス戦闘機F35の共同開発計画からトルコを排除すると発表した。北大西洋条約機構(NATO)に加盟するトルコのエルドアン大統領がロシア製ミサイル防衛システムS400の搬入開始を決めたことに対応した。

  ロード国防次官(調達担当)は記者団に対し、F35計画からのトルコ排除は「秩序」をもって段階的に行われ、2020年3月までに完了することはないと説明。ホワイトハウスは同日、「先進能力について探るためにロシアが使う情報収集の仕組みとF35は共存できない」とする声明を発表した。

  トルコ外務省は声明で、「F35計画の主要パートナーの1国であるトルコの排除は不当であり、S400がF35を弱体化するとの主張は無効だ」とコメント。「一方的な措置は同盟の精神に反し、全く法的根拠がない」と論じた。

原題:U.S. Suspends Turkey’s Role in F-35 Over Russian Missile System(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE