コンテンツにスキップする

「反自民」票はどこへ、野党結集遠く「自民1強」が継続ー参院選

  • 32の1人区で統一候補擁立も、2人以上の複数区では競合
  • 比例投票先は自民31%、2位の立憲民主は7.2%-世論調査

21日投開票の参院選で、立憲民主、国民民主、共産、社民の野党4党などは32の改選1人区で統一候補を擁立し、10月からの消費増税阻止や「自民1強」体制の打破を掲げるが、2人以上の複数区では各党が候補を擁立して政権批判票を奪い合う構図となっている。長期政権と旧民進党の分裂で野党の多弱化が進んでおり、反自民票の受け皿には十分なりきれていない。

   立憲民主の枝野幸男代表と国民民主の玉木雄一郎代表は9日、広島県入りし、そろって無所属候補の応援に立った。枝野氏は「日本の民主主義を、あなたの暮らしを、生活を守ろう」と呼び掛け、玉木氏は議席独占を狙う自民党について「そんなことを許していいのか」と訴えた。定数2の広島選挙区では自民党が21年ぶりに候補者2人を擁立。立憲、国民両党は一本化したものの、共産党は独自候補を擁立した。

  改選定数2の選挙区ではこのほか、静岡県で国民現職と立憲新人、茨城県で立憲と共産の新人、京都府で共産現職と立憲新人がいずれも野党間で争っている。安倍晋三首相は公示日の4日、福島県での第一声で、自衛隊の合憲性などで意見の違う共産党も含めた野党共闘は民主党政権時代の「決められない政治の再現」だと批判、「あの時代に逆戻りするわけにはいかない」と支持者に訴えた。

Japan Prime Minister Shinzo Abe Attends Campaign Rally

安倍首相

Photographer: Buddhika Weerasinghe/Bloomberg

  元民主党衆院議員の中林美恵子早稲田大学教授は、野党の現状について「自分たちの信念を曲げるわけにはいかないとか、嫌いな人とは一緒にいたくないとか、そういうナイーブな気持ちが先に立ってしまうところが一つにまとまれない大きな理由」との見方を示す。立憲、国民両党は「国民全体の意向を反映するというより、自分たちを支持してくれる小さいセグメントの人たちにアピールする」ことにとどまっているとも指摘した。

世論

  共同通信が12、13両日に実施した世論調査では、比例代表の投票先は、自民党が31%、2位の立憲民主党は7.2%だった。3位は公明党の5.6%、その他の政党では日本維新の会が4.4%、共産党が2.9%、国民民主党が2.5%、社民党が0.8%。

  日経新聞の情勢調査でも、自民党は選挙区で改選定数1の「1人区」で全32選挙区のうち21でリードするなど全国的に堅調な戦いをしている。改選定数2以上の複数区でも13選挙区全てで議席獲得が有力。立憲民主党や国民民主党など野党が候補者を一本化した選挙区は東北などで接戦になっているものの、伸び悩んでいると分析した。

  自民党の青山繁晴参院議員は、野党が消費増税反対で足並みをそろえる選挙をやりながら、「自民党にとってさほど情勢が悪くないというのは不可思議な話」だとの見方を示す。野党勢力が弱い状態は「不健全」だとも語った。

Constitutional Democratic Party of Japan Head Yukio Edano Speaks At Campaigning Event

立憲民主の枝野代表

Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

  政治ジャーナリストの角谷浩一氏は、今回も野党共闘の動きが本格化したのは4月の統一地方選後で、「あまり効果的な選挙をできていない」と指摘。昨年以降、公文書改ざんや相次ぐ失言など「与党の失点」が多く、野党が「丁寧に戦略と戦術を持てば国民を揺さぶるだけの材料になった」にもかかわらず、攻勢を強めることはできず「逆にかわされてしまう状況になった」とした。  

スクラップ・アンド・ビルド

  07年参院選に旧民主党から出馬し初当選、旧みんなの党などにも所属したことがある行田邦子参院議員は、今回改選を迎えたが、立候補せず8月の埼玉県知事選への出馬を表明した。

  09年からの3年半の民主党政権時代について行田氏は、政権を担う「自覚」が足りず「権力への執着心が弱かった」と振り返る。ただ、今でも「自民党にはできない改革、時代に合わせた改革をスピーディーにやっていくしがらみのない改革保守の政党が必要」との考えは変わらないという。

  野党が再び政権交代可能な勢力として再結集するには「スクラップ・アンド・ビルドじゃないとできない」と行田氏は指摘。政権を失った後も当時政権の中枢にいた「責任を取るべき人が責任を取っていない」として、そのままの状態が続けば「自民党に代わる政権を担う政党はできない」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE