コンテンツにスキップする
Photographer: ED JONES/AFP

麻生財務相、リブラの信頼性精査必要-多くの国がG7で懸念表明

  • リブラの対応、後手に回ることがないように-麻生財務相
  • 貿易問題「重要な下方リスク」-仏シャンティイで記者団に発言
A photo taken on May 16, 2012 shows a computer screen displaying the logo of social networking site Facebook reflected in a window before the Beijing skyline. With investors hungry for Facebook shares ahead of a hotly anticipated offering, the social network unveiled a 25 percent increase in the number of shares to be sold at the market debut. AFP PHOTO / Ed Jones / AFP PHOTO / Ed Jones (Photo credit should read ED JONES/AFP/Getty Images)
Photographer: ED JONES/AFP

麻生太郎財務相は、フェイスブックが計画するデジタル通貨「リブラ」に関し、信頼性を精査する必要があり、主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議では多くの国が懸念を表明したと、同会議が開かれたフランスのシャンティイで記者団に話した。

  麻生氏は17日、リブラについて既存の規制が想定していない新たな課題がないか把握する必要性を指摘。一つ一つの問題を見るだけでなく「包括的」に規制を考えていく必要があるとの見解を示し、後手に回ることがないようにと繰り返し述べた。G7では当局側によるタイムリーな対応を促したことを明らかにした。

  今回のG7ではリブラが主要な議題となっている。米議会では前日の上院銀行委員会に続き、17日も下院金融委員会でリブラは厳しい追及を受けた。同委のウォーターズ委員長はリブラ計画がプライバシーおよび国家安全保障面に甚大なリスクをもたらすと述べた。

重要な下方リスク

  世界経済について麻生氏は、来年にかけて回復が見込まれるものの米中の摩擦が続く中、貿易問題が引き続き「重要な」下方リスクになっていると述べ、保護主義的な内向きな政策はどの国の利益にもならないとの見方をあらためて示した。今回の会合では為替については議論はなかったと、財務省幹部が明らかにした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE