コンテンツにスキップする

イーベイ株上昇、4-6月利益が予想上回る-部門の役割見直し

  • 売り上げの伸び鈍化に直面しながらも利益見通しを上方修正
  • スタブハブやクラシファイズの役割や価値の見直し進めていると説明

電子商取引サイトを運営する米イーベイは売り上げの伸び鈍化にもかかわらず、4-6月(第2四半期)利益がアナリスト予想を上回った。新規顧客の取り込みに苦しんでいるものの、既存の利用者からさらに多くの利益を引き出せることを示した。

  同社はまた、株主価値の最大化に向け最善の道筋を見極めるため「スタブハブ」や「クラシファイズ」部門の役割や価値の見直しを進めていると説明。アクティビスト(物言う株主)からの圧力に従う姿勢を示した。同社の株価は17日の市場終了後の時間外取引で一時約6%上昇した。

  4-6月期の売上高は1.8%増の26億9000万ドル(約2900億円)と、ブルームバーグが集計したアナリスト予想並みだった。一部項目を除いた1株利益は68セントで、アナリスト予想(62セント)を上回った。同社は通期の1株利益見通しを2.70ー2.75ドルに引き上げた。市場予想平均は2.70ドル。

原題:EBay Rallies on Profit Beat, Willingness to Consider Asset Sales(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE