コンテンツにスキップする

【NY外為】ドル下落、米国債利回り低下で-ポンドは持ち直し

更新日時

17日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが主要10通貨の大半に対して下落。米国債利回りの低下や米利下げ観測、貿易摩擦が重しとなった。一方、ポンドは2年ぶり低水準から持ち直した。英上院が合意なき欧州連合(EU)離脱を一段と困難にするための取り組みを支持した。

  • ニューヨーク時間午後4時35分現在、ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%低下。一時は7月10日以来の高値を付ける場面もあった。主要10通貨では、ニュージーランド・ドルが上昇率トップ。ノルウェー・クローネは軟調
  • 米10年債利回りは5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.05%。2年債利回りは3bp低下の1.82%
  • カンザスシティー連銀のジョージ総裁は講演で、貿易や関税、世界の経済成長が見通しへのリスクだと指摘
  • 6月の米住宅着工件数は前月比0.9%減の125万戸。米連邦準備制度理事会(FRB)が公表した地区連銀経済報告(ベージュブック)では、米景気が緩慢なペースで拡大したことが示された。雇用の伸びは幾分か減速しつつあり、インフレは引き続き安定もしくはわずかに鈍化したとしている
    • 今回のベージュブックが7月30、31両日に開かれる連邦公開市場委員会(FOMC)会合での議論に影響を与える可能性は低い
  • 米利下げに関する織り込みはほぼ変わっておらず、今月については約0.33ポイント、年内では計約0.7ポイントの利下げがそれぞれ織り込まれている
  • ドルは対ユーロで0.1%安の1ユーロ=1.1224ドル。対円では0.2%下げて1ドル=108円03銭
  • ポンドは対ドルで0.2%高、一時は2年3カ月ぶりの安値を付けた

欧州時間の取引

  ドル指数が1週間ぶりの高値水準近くを維持。投資家は年内の米利下げ幅に関する手掛かりを得ようと、今後数日の経済指標や米金融当局者の発言を待っている状況。合意なき英EU離脱への懸念が根強く、ポンドは引き続き圧迫された。

原題:Dollar Slips with Treasury Yields; Pound Rebounds: Inside G-10(抜粋)
Dollar Holds Near One-Week High as Fed Clues Eyed: Inside G-10

(相場を更新し、新たな情報を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE